2017/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


健康診断の便の検査に引っかかったので、大腸内視鏡検査を受けることとなった。

腸内を完全にクリアにするので、いいデトックスなるわ〜、なんて思っていたけど、なんか結構つらいものだった。

まず、前日に下剤(マグコロールだった)を飲んでから寝るんだけど、何度もトイレに起きるのでゆっくり眠れなかった。
当日も下剤を飲むんだけど、こっちはパイプクリーナーみたいに完全に排出させるべく、2リットルの薬剤を2時間かけて飲む、ニフレックというやつ。
ごくごく薄い柑橘系のような、スポーツドリンクのような、まずーい味で、10分にコップ1杯のノルマがどんどんキツくなる。
そのうち、飲んで、トイレ行って、またトイレ行って、飲んで、飲んで、みたいに、見ていた『暴れん坊将軍』のストーリーが判らなくなりそうなくらいに忙しくなった。
最終的には、2リットル少し手前で、色的にもほぼ尿!な便?になり終了。病院へと移動する。

カメラ自体はすんなりと入って痛みも無かったんだけど、入ってすぐ、左側の腹の腸のコーナーがどうやら鋭角だったみたいで、やたらと痛い。そこ違う、違う、というところに進んでたみたい。腹の中をなんか生き物が暴れている感じ。エイリアンとか、第9地区を連想した。
それでちょっとカメラをバックし、再度そのコーナーにトライをしていたが、こっちは痛すぎて、そのあたりでは医師の実況中継があんまり耳に入らなかった。
そこを超えたら、なんとか我慢できる感じが続いたが、カメラのコードを回転されるとなんとも気持ち悪い感じだった。

検査の結果は、幸いにも問題なし、キレイな腸で、素人目に見ても、なかなかの上ホルだったんじゃないでしょうか。


スポンサーサイト

  • 17:59
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • -

comment









trackback