2017/05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


今年もまた、職場メンバーで三重県まで、カキの食べ放題に行ってきた。
先の震災による津波で、ここのカキのいかだも流されたらしく、そのおかげと言っては不謹慎だけども、出荷用のヤツを食べ放題用に出してくれたらしく、昨年よりも確かに良いカキだった。
単調なカキばかりをいかに美味しく食べるか?、という去年の課題に対し、ちゃんと今年は対策をして行った。
まずは、箸休めの焼きそばの用意だ。麺と調味料のセットになったやつと、カット済のキャベツ等の野菜。
次に焼きガキの薬味だ。水ネギの小口切りをタッパーに入れて持参、するとともに、大根おろしは現地おろしで。
みんな、ウメー、ウメー、言ってくれていたので良かったが、
野郎ばかりの中、一応女性としての心遣いで、「よく気がつくね!
」などと思ってくれた人はいないに違いない。
まぁ、いいや。

久々に山に登ってきた。といっても、3000m級ではあるけども、ロープウェーでかなり上まで行って、ちょこっと歩く、日帰りトレッキングだった。。。
天候にも恵まれ、清々しい空気、青い空、近い太陽を満喫することができた。

協力会社さんの企画したイベントみたいな感じで、東京本社からのメンバーと現地で合流。ウチの会社数名を合わせ、総勢十数名の大きなパーティーで、全然山に登ったことのない人も何人かいた。
雇われ専務さんが山好きみたいで、それ以外は会社の若い者を集めた、といった感じだった。
中でも元気なのが、最年少のJQさんで、ジーパン、Tシャツの軽装で、テンション高く、ほとんど走るように駆け上がっていた。

一方、私も含め年配組は装備だけは本格で、ゆっくりゆっくり登っていった。ま、これでいいんだけどね。
頂上でのランチは、まさに雲上で、各自持参した食事プラス、プチ焼肉やら、おでんやらが用意されていた。山での焼肉は初めてだったが、なかなかいいかもしれない。
昔と思うと、圧倒的に疲れやすいが、なんとか登って、下ることができた。
帰りに温泉に寄って疲れを取ったせいか、心配していた筋肉痛も大したことなく、「意外と大丈夫じゃん、私。」って思った。


先週、せともの祭りに行ってきた。
まぁどっちでもいいかなぁ、と思っていたのだが、職場のメンバとSTさんのお見舞いに行こうということになり、それなら。。。ということで、同僚(部下?)のIHさんと見舞いの前に。
今回、IHさんとは初めて2人きりで出かけることになった。(仕事終わりに、クルマで送ったり、送られたりはよくやっているのだが。)
IHさんは独身だが、同棲しているカノジョがいる人。それでも、ほとんど気を遣わないで(少なくとも私はね!)出かけられるような関係だ。
いろいろ物色したが、2日目ということで、目ぼしいものはなく、大体お互いの焼き物の趣味が判った感じのところで引き上げた。これだったら、GWの土岐の祭りのほうがいいかなぁと、お互いに言い合った。(土岐の祭りは私が前回IHさんに紹介して、IHさんは同居人と行って来たそうだ。)

その後、焼き物には興味のないIKさん、家族サービスで忙しいEDさんと合流して、STさんのお見舞いへ。
思ったほど、薬の影響でのムーンフェイス(太って顔が丸くなること)もなく、晴れ晴れとした感じのSTさんであったが、腎臓の機能は3割しか残っていないらしい。それでもなぜか前向きなんだよね、とSTさんは言っていた。
まぁ、いっぱい仕事をお願いしたし、激務をもうちょっとフォローできなかったかなぁ、と思わないこともないけど、いろいろ気をつけろと彼に言った記憶もあって、それでも終わったことをあれこれ言ってもしょうがない。また飲めるようになって帰ってきて欲しいものだ。

さらにその後、厳しい食事制限のSTさんのことは忘れて、STさん行きつけの店で、七輪で散々ホルモンを焼いて食べたのであった。。。


先週、珍しく月曜に東京出張ということで、日曜から東京入りした。
といっても、これといってやりたいこともなく、東京定宿とさせてもらっているKNちゃんとともに六本木・赤坂周辺をウロウロとしたくらいで、これといったことをしなかった。
ただ、川島なおみの旦那さんのチョコレート屋で食べた、チョコレートケーキはかなり目からウロコで、何がどうちがうのかよくわからないが、やたらと美味しかった。

月曜の朝はKNと一緒に家を出た。KNは都心方面の電車。私は逆方向(私の目的地はKNの家からは都心と逆方向だった)。ちょうど電車がなかなか来なかったので、都心方面に向かう混みあった電車を何本か見送りながら、あー、あんなに混んでる電車に毎日KNは乗るんだなぁ。。。と思った。

その日は打ち合わせが終わったのは18時を回っていたので、まっすぐ帰っても会社から夕食手当てが出る時間だ。急ぐことも無いので、座れるように八王子始発電車の列に並んだ。
いつも土産の菓子をもらってばかりなので、いい機会ということで、新横浜でクッキーを買って帰った。




滋賀県 琵琶湖 竹生島
いい天気だったのもあって、のどかでまったりできました。




なんとなく。。。ということで、生まれて初めて占いというものをやってもらった。

特に何かに悩んで壁にぶち当たってどうしようもない状況というわけでなく、「統計学」としてどうよ?と、急に思いたったのだ。

その通り占い師に伝えると、「そう理解されているお客さんは少ないから助かります」と言っていた。
まぁこの時点でちょっと変わった人って判断されているだろうな。。。

今回の占い師さんは、多分年齢的にはちょっと上くらいの女性の占い師で、手相、生年月日、タロットで観ていた。あときっと、受け答え、人相、身なりも観ていると思う。

こちらがこれと言って深い悩みが無いので、きっとやりにくかっただろうが、多少の誘導尋問もありながらも、それなりに、結婚観や経済状況、生活習慣などを言い当てていた。
「3月になってなにか霧が晴れたのでは?」みたいな事を言われたのだが、これは当たっていて驚いた。具体的な霧が晴れた理由は情けなさ過ぎて言えないような話なんだけど、そこまでは判っていないとは思うが。
回答の中には、ごくごく常識的な判断もあると思うんだけど、もういい加減いいオトナになった今、誰かから「こうしたら?」って断定的に言われることは普段ほとんどないし、前向きないいキブンにさせてもらったということだけでも、お金を払った甲斐があるかなぁ、と思った。

占い師って面白い職業だよな。。。


前々から行ってみたいと思っていた「カキ」の食べ放題に行ってきた。
三重県の浦村へ。
年末も差し迫っていたけど、帰省中のKNとどこ行く〜?、って言って、急遽決まった。
そもそも浦村ってどこにあるかよく知らないまま、いいよ〜って返事したんだけど、伊勢神宮よりも、鳥羽水族館よりも遠いのね
知らなかった。。。

がっつり食べようと思っていたものの、いざ食べ始めるとそんなに食べられるものではないわ。
焼きガキって思いのほか塩分がキツくて、おいしいことはおいしいんだけど、飽きちゃうんだよねー。
蒸しガキのほうが塩分は若干マシだった。
カキたっぷりのお味噌汁と、カキご飯、カキの佃煮、カキフライ1個がついて、2100円。
はるばる行ったありがたみもあって、それなりに満喫できた。
お土産にカキの佃煮を別途買って帰った。柔らかくて、甘口でおいしかったので。

その後も食い放題の一日で、伊勢神宮に寄って(もちろんお参りもしたけど)赤福を食べて、松阪の"1010番地"とかいうケーキ屋さんでケーキを買って帰って(海の駅!?で草餅も買った!!)、これまた松阪の"一升びん"でA5ランクの松阪牛まで食べた、という食道楽の一日だった。

ただ、歳をとったせいか、いろんな食べ物に腸が付いていかなかった。。。
あと、KNと途中で運転を交代交代して行ったんだけど、それでも長時間の運転にちょっとお疲れ気味。
いやー、ダメだなぁ。。。


会社の同僚らと香嵐渓のライトアップを見に行ってきた。
平日ということで渋滞も無く、らくらく到着。それでも名物のフランクフルトと五平餅にはちょっとした行列が出来ていた。まずは花より団子ということで、腹ごなし。
夜なので紅葉しているのかどうなのかよくわからなかったけど、赤い光を当てている訳ではないみたいなので、それなりに紅葉しているのかもしれない。
ウチのメンバーの県外出身者がいちど香嵐渓に行ってみたい、と常々言っていたので今回企画されたんだけども、初めて行くのであれば、ライトアップではなく日中のほうがいいかもしれないなぁ。