2017/05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


髪の毛が短くなった分、伸びるとすぐに気になるようになるもんだ。
それでまたこないだの美容院に行った。またもうちょっと短くなったが、パーマをかけたのと、前髪を増やしたのとで、シャープな感じはあまりなくなった。

それより若干太って、それが顔に出てきたので、ビミョーな感じ。
丸顔のショートはちょっと避けたい。こーゆーのを小顔になりたい!!って言うんだな。
今まで、自分の顔は小さいと思っていたけど、そうでもないということが判った。

昔に比べると、髪は減っていないが、髪の毛が細くなったので、なんとなく減ったような感覚になる。
あんだけ剛毛がたくさん生えていたのに。たぶん、今がちょうどいい位なんだろうがな。
乾燥して頭が痒いのもあって、シャンプー前にオイルマッサージとかやっちゃって、頭皮をいたわってみたりしている。

もちろん白髪はまだ無い!!!


前回美容院に行ってから、まだ1ヶ月しか経っていないのだが、相当前回の髪型が気に入らないため、急遽、新しい美容院に行ってきた。
今回は前からちょっと気になっていた、(ネットで見る限り)ホストっぽいスタイリストばかりのイケイケ系?の美容院。

そんなに大きな美容院でなくて、他にお客さんもなく、オーナーではない方のおにいさんが担当だった。おにいさんは、ネットで見たとおり、黒のスーツのロン毛だったが、中身は特にホスト系ではなく、よくよく見れば歳もたぶん私と変わらないくらい、しゃべり過ぎない落ち着いた人だった。
なりたい髪形のイメージを伝え、提示されたのがツーブロックのアシンメトリー。
似合うんですよね?→それは当たり前の上で提案させてもらってます、ということです。
まぁ、任せますから、お願いしますわ、ということで、ちょっとチャレンジングな髪型に、お兄さん曰く、「ちょっと楽しくなってきた!!」とのこと。美容師魂に火がついた、といったところだろうか。

男性の美容師って、正直苦手だったんだけど、この人は嫌いじゃないかも。
ダークスーツで通しているのは、お客さんを迎える上でのマナーだと思っていて、若い人でも歳の人、誰から見てもキチンとして見えるから、といった理由をポツポツと語り、見た目とはウラハラにちゃんとしていて安心できた。

完成した髪形は。。。
アリだよね。少なくとも前回のただのボブよりは、ずっと私らしい。
ずいぶん短くなったけれど、気に入りました。

ところで雨が全然止まないんだけど、大丈夫かぁ?


AHAを含むせっけんを使い出して1ヶ月。全然違いますな〜。顔のつるすべ加減が。毛穴が引き締まって、そのおかげで全体にリフトアップできた?って感じ。短期間で結果が出てなかなかよろしい。
短期間というと、昨日、ヨガで無料券をもらったのでやってみた「骨盤チェア」。骨盤のゆがみを矯正するというマッサージチェア状のもので、骨盤をギゅーって圧迫したり、緩んだりという動きで、カイロと同じようなことを椅子でやってくれるという感じだった。これもたった1回やっただけだけど、「あれ?、腰痛がないぞ?」と開き気味の骨盤が矯正された感じ。大きな腰痛持ちではないけど、股関節脱臼以来、この腰のすっきりした感じは10年ぶり?かも。
ただ、これは一時的でカンタンに戻ってしまうだろうから、姿勢には気をつけないとなぁ。

プラセンタのこぶはずい分落ち着いてきた。大きさは変わっていないけど、違和感がなくなってきた。でも、シコってて、グリグリしてて、感触が気持ち悪いので触りながらニヤニヤしてしまう。
それで何か効果があるのかというと、やっぱりよくわからない。でも、気のせいかもしれないけど、肌の調子がいい。顔もそうだし、手足、体中の皮膚がモチモチする気がする。特に何も付けてないけど。あーそれとも、コラーゲンのせいかなー?

GT隊長に誘われて、プラセンタ注射に行って来た。
駅裏の某医院は、それ専業で、他は何もやっていないので、美容外科とかで片手間でやっているのとは一味違うだろうとのGT隊長のチョイスなのだ。
果たして、行ってみるとやはり何か違う。まずは、全体に薄暗く、一昔前の個人医院な雰囲気だ。次に台湾人らしき老若男女でごった返していて、完全アゥェイなのだ。どうやら団体のツアー?のようだ。注射そのものも全く安くない値段なのできっとその人たちはお金持ちなんだろう。それ以外の日本の人も居るが、全体に年齢層が高い。
簡単な問診のあと、流れ作業的に粗末なベッドに案内される。ベッドはいくつもあって、「3番と5番の方、日本人の方、初診〜」とか、「4番は説明済み〜」などとまる聞こえだ。
おっちゃんが説明に来る。何人にも人に繰り返してきたのだろう、慣れたものだ。50年にわたり30万人の人に対し施術していて、ガンと吹き出物以外のあらゆるものに効果があって、副作用がない、20日後位から次回の注射が出来て、何回やってもいい、というようなことを言っていた。
お腹に注射するのだが、麻酔注射を事前に行うくらいの太い注射なのだ。その麻酔が私はあんまり効かなくて、やたらと痛かった。注射後、年配の看護婦さんが長いこと思いっきり圧迫してくれた。
お腹にプラセンタの"こぶ"ができる。そのこぶは2週間くらいそこに留まるらしい。まる1日経過の今でも、触らなければ痛くないけど、走ると痛い。痛くて走れない。イメージ的には、男性にはわからんと思うが、おっぱいって、張っているときに強く押したり、ノーブラで走ったりするとちょっと痛いような感じがするけど、それとおんなじ様な感じで、しかしもうちょっと痛いかんじ。こぶは、外に飛び出ている訳ではなく、内部的に出来ている。説明書には"そらまめ大"とあったが、なんか私のはもうちょっと大きい感じがする。常にお腹が気になって、ヤな感じだ。
懸念事項としては、何か効果があったとしても、自分のメンタルやフィジカルなことにとても鈍感な私は気づかないかもしれない。。。

髪の毛を切った。久しぶりのショートだ。中途半端でなくて、誰から見てもちゃんとショートカット★
このところ行っていた美容院は、なんかあんまりカット得意じゃなさそう(わからんけど、あまり切りたがらない)なので、Hotpepperを見て、カットに自信のあるという新しい美容院に行ってみた。
その美容院は電話で予約した時点でかなり無愛想で、どうしよかとも思ったけど、他にめぼしい美容院もなかったので、そこに行った。
(美容院も洋服のショップと同様で、若い人向け、年寄り向け、ギャル向け、芸術家向け!?などといろいろあって、行ってみないとよくわからない部分もあるので、そのあたりをHotpepperの記事の中から読み取らないと失敗することになる。)
店員(近頃ではスタイリストと呼ぶ!)が一人しかいない店で、つまりオーナースタイリストだけで切り盛りしているので、客を同時に一人以上取れない店だった。
オーナーは電話のときどおり、愛想はないというかむしろ感じが悪い。短いやりとりの後、猛烈なスピードで髪を切り始めた。ちょっとだけ天気の話をするくらいですぐに言葉は途切れたが、それと同時に髪型も完成した。。。2回シャンプー台に行っても、1時間ないうちに完成だ。。。結果は。。。意外といいカンジ★ とても綺麗に切れていて、職人の技を感じる仕上がりだ。
なんかヘンな店だが、私の前にも客がいたし、私が終わるころちゃんとまた次の客が来た。往々にしてコンサバな万人向けの店は退屈だ。もし今後もショートを続けるのであれば、愛想はないけどまた行こうかと思う。

長期在庫ということで、なりゆきで私の元に転がり込んできた。
左がプラチナのピンキーリングで、右がタイガーアイのゴールドリング。換金してしまえば10万位になってしまうのだろうか?

今日は会社帰りに、初めて美顔エステに行く。未だにニキビが出来るし、しかも、それが知らない間にシミになったりで、かなりムカついてくるお年頃。どーにかならんもんかと思い、フォト美顔のようなやつを体験することにしたのだ。レーザーがピカッとするだけで、痛くも痒くもない。
帰りがけ、「今日はお肌がとっても吸収しやすい状態になってますから、肌に合った化粧水やクリームなどでのお手入れをいつもより念入りにやっておいて下さいね!」ってさ。それって、より効果が出たって思わせるため??なんて思った。
んで、家に帰ってみて、顔を洗ってよく顔を見てみると、なんとまぁ、目の下のシミがかなり目立たなくなっているではないか!! いいじゃんか!
とはいうものの8500円也。2回目以降は1万幾らだよ)`ε´(
お金さえかければ、(ある程度の)若さは買えるということ也。

先週美容院に行って、パーマをかけてきた。根元からしっかり、くるんくるんな感じで、流行ってはいないけど、自分としては気に入っている。
今回は初めて美容師を指名してみた。前回のときに一緒に髪型を考えてくれて、それがなかなかよかったのだ。指名を受けて悪い気はしないだろう、「山田くん」はリキを入れて今回もやってくれた。その山田くんに、「声が特徴がありますね!」と言われた。「何かモノマネできるんですかぁ?」「?。。。」
特徴のある声→モノマネができる、の因果関係がわからんし。トークは年齢差のせいか、すべり気味であった。

髪の毛を切ったぞ〜。
どうしようもないボサ髪で、暑いのもあって、いつもくくったままだったんだけども、ようやく、重い腰を上げて、苦手な美容院に行ってきた。
神戸の帰り道、バスで3時間は長かろうとYO母が買っておいてくれた雑誌に、『「愛され髪」であなたは変わる!』などと私にとってタイムリーな特集があり、その雑誌持参で「これにしてください!」ってね。
んで、それになったかどうかは置いといて、サイドはバサっと切ったので、ずいぶんと軽くなった。
それにしても、「愛され髪」とか、「モテ髪」とか、キャッチーなネーミングだこと。(bea's up)
雑誌をいっぱい見たんだけど、MOREでは、「とにかく、男はきちんとおいしいご飯が好き 今すぐ嫁に行けるパーフェクト和食BOOK」だってさ。「とにかく」にこのコピーを考えた人の強い意志を感じる。ん、男じゃなくてもみんなおいしいご飯好きだろうよ。
あと、美容院で目の前に「VERY」を置かれてしまったんだけど、変えてくださいと言いそびれたので、仕方なく見ていた。30代〜の子持ちのリッチマダム向けなんだと思うんだけど、なんか、三浦りさ子教バイブルといった感じ。その世代のファッションリーダーに仕立てているんだね。また、高級ブランド、宝飾品に身を包んだ読者もいろいろ登場していて、負け犬としての羨望10%で、残りはなんかヤーな感じがした。