2017/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


こないだ、といってもだいぶ前だけど、GT隊長が折りたたみ自転車を見たい、というのに付き合って以来、私も折りたたみ自転車が気になるようになって、なんだか欲しくなってきてしまっていたのだ。

隊長はだいたいどこの自転車店にある、ブリジストンのヤツを気に入っていて、いいんじゃないと思っていたのだが、家に帰って調べ、何個か店を回ったり、ネットで調べたりするうちに、いろいろ判ってきた。
折りたたみ自転車はその機構に特許があるので、海外の有名自動車メーカーの名前で出ていても、DAHONというメーカーのOEMだったりするとか、知る人ぞ知るとても高級なものがあること、小径のタイヤでも、ちゃんとしたものはちゃんと進むということ、などなど。。。

イオンでは1万くらいから売っていたりする。ナシだな。
でも、ちょっと乗りたいだけなのに10万overも無いよなぁ、などといろいろ考えながら、結局、DAHONのMuP8を買った。
なんとなく硬い感じ?の乗り心地。まぁ、自転車自体が久しぶりなので、そんな感じがするのだろう。
せっかく買ったのだから、部屋の飾りではなく、活用しなくては☆

どうでもいいことをつぶやいて、問題になっちゃってる人が、有名人無名人を問わず、これだけいるのにもかかわらず。。。
アディダス銀座店の女性店員が、来店したサッカー選手とその奥さんのことについての暴言をツイートした件。
これはヒドイねぇ。
以前にも、ホテルのレストラン店員がサッカー選手とタレントが来店したことをツイートして問題になったことがあったけど、芸能人を見かけてテンションあがってやってしまった感がないこともないが、今回の件は、最低の言葉(ビッ○)をもって、見た目について中傷しちゃってるんだよな。サッカー選手はしかもアディダスの契約選手だってよ。
何か恨みがあるのか?という感じ。
こんなことをすれば、当たり前だが、2chなどは祭り状態で、この人の個人情報詳細について(優秀な?)まとめサイトも出来てたりで。。。
ま、やったことは最悪だけど、家族の写真まで晒されることの是非はあるとは思うけど、まとめサイトで情報いろいろ見ちゃったりすると、でもやっぱりしょうがないかなぁと思えてくる。
だってこの人、自分で自分の個人情報や性癖なんかまで詳細に出した上で、問題の内容をツイートしてるし、過去のツイートにも最悪なものがあったりするし。。
そもそも、幼稚園から大学までの立派な自慢すべき学歴のあるこの人が、こうなることを予測できないハズは無く、これは意図的なんじゃないのかと思うほど。この人はどこに向かっているのか?

もし、スポーツ用品でアディダスと他のメーカーの製品とで迷っていて、どちらも同じくらいの気に入りようだったら、今ならアディダスは選ばないだろうな、というくらいのインパクトのある事件。


東電の社長が、福島の避難所を訪問したときの模様をニュースで見た。
びっくりしましたねぇ。だって、被災者のひとりが、「土下座しろよ、清水〜!」とか言っちゃってるんだもの。
まさに被災者様ですな。
菅総理の時も同じようなことがあった気がする。
東電や政府の対応があまりにお粗末で、人災と思われる部分も確かにあって、今後の生活が全く見通しが立たない状況で、精神的にも追い詰められてきているのでは、とは思うけれども、感情的になって、個人の人格を否定するようなことを言ってしまっては。。。土下座してもらったところで、気持ちが治まるわけじゃないだろうし、ましてや、何かが解決するわけでもない。
ごく一部の人なんでしょうけども。。。


決して待っていたわけではないんだけど、iPad2のおまけみたいに発売が報道されているのを見て、そういえば、そろそろ買い替え?、と思って、ちょっとだけ悩んでから、近所のソフトバンクのショップに行ってみた。

あっさり、在庫ありますよ〜、とのこと。
更新にあたり、何かあるのかな、と心配していたけど、特に2年縛りとか何にも引っかからなくて、入店からものの数十分でiPhone4の白に機種変更完了。
一切財布を開くことなく(免許証提示したが。。。)、新しい端末を手に入れて帰るのは、何かヘンな感じ。

appなどのデータは家で(iTunesで)やれ、ということで、3Gから何がどこまで移行されるのか良く判らないまま、説明どおりやってみたが、メールやら、着信履歴やら、ほとんど全部移行されるのね。。。
とても簡単だった。

画面は綺麗だし、サクサク動くし、もっとブラックでもいいのでもっと早く機種変更すればよかった。。。


健康診断の便の検査に引っかかったので、大腸内視鏡検査を受けることとなった。

腸内を完全にクリアにするので、いいデトックスなるわ〜、なんて思っていたけど、なんか結構つらいものだった。

まず、前日に下剤(マグコロールだった)を飲んでから寝るんだけど、何度もトイレに起きるのでゆっくり眠れなかった。
当日も下剤を飲むんだけど、こっちはパイプクリーナーみたいに完全に排出させるべく、2リットルの薬剤を2時間かけて飲む、ニフレックというやつ。
ごくごく薄い柑橘系のような、スポーツドリンクのような、まずーい味で、10分にコップ1杯のノルマがどんどんキツくなる。
そのうち、飲んで、トイレ行って、またトイレ行って、飲んで、飲んで、みたいに、見ていた『暴れん坊将軍』のストーリーが判らなくなりそうなくらいに忙しくなった。
最終的には、2リットル少し手前で、色的にもほぼ尿!な便?になり終了。病院へと移動する。

カメラ自体はすんなりと入って痛みも無かったんだけど、入ってすぐ、左側の腹の腸のコーナーがどうやら鋭角だったみたいで、やたらと痛い。そこ違う、違う、というところに進んでたみたい。腹の中をなんか生き物が暴れている感じ。エイリアンとか、第9地区を連想した。
それでちょっとカメラをバックし、再度そのコーナーにトライをしていたが、こっちは痛すぎて、そのあたりでは医師の実況中継があんまり耳に入らなかった。
そこを超えたら、なんとか我慢できる感じが続いたが、カメラのコードを回転されるとなんとも気持ち悪い感じだった。

検査の結果は、幸いにも問題なし、キレイな腸で、素人目に見ても、なかなかの上ホルだったんじゃないでしょうか。


ヤマモリのレトルトタイカレーがヤバ旨なのよ。
ずっとココナッツミルクが嫌いで、避けていたんだけど、ベトナム行ったときにココナッツキャンディーを食べたり、無印のお気に入りのクッキーに入っていたりして、敷居が低くなっていたところで、新聞で紹介されていたので、今回買ってみたのだ。

今のところ、レッドとグリーンを食べた。
どちらも具がしっかり入っていて、300円出しても惜しくない。味は若干濃い目な気がするけど、ライスでも、パンでも良くて、あっさり食べられる。

ココナッツミルク入りのカレーを初めて食べたのは、まだ10代の時の渋谷だったとの記憶は定かではないが、その時の「ロウ」みたいな、変な味の記憶は忘れない。
ずいぶん長いこと騙されていたんだよなぁ。。。


EDさんがまたスロットで大儲けをしたらしく(半年に1回くらい、彼は当たってしょうがないシーズンが到来する。天才か?)、何でもおごったる、ということで、いつもは行かない、高級でおしゃれーな焼肉店へ。
メニューは見ても、値段は気にせず、目に留まったものを適当にオーダーする。(多分、一人前で1000円以下の肉は無かったと思う)
値段どおり、どの肉もジューシーなんだけど、びっくりするぐらい脂があっさりとしていて、普段、非肉食の私でも『はぁ〜、うめーわ』という肉ばかりだった。

私が食べる量なんて知れてるんだけど、二人分で二万弱を支払っておりました。ごちそうさまでございました。


こないだカンパを集めた、実家が気仙沼のTZさん。親族はほぼ無事だったそうで、とってもよかった
今週、一番うれしかったことだよ。(ただし、もう長いこと会っていなかった、90歳近い叔父さん夫妻は亡くなったそうだが。。。)

なんか、被害の大きさを見ると、特定の誰かにカンパを集めたとしても、なんだか空しい気がしていたのだが、今回、TZさんの状況を最初に私に報告してくれて、カンパのきっかけを作ってくれたAIKさんに愚痴ると、彼曰く、『何でもいいんだよ、必要とする人の手に渡れば。別に恐喝したわけじゃないんだし。』だって。

確かにね、そうだよね。
誰々が困ってるって言えば、みんなが「わかった」と言って、数時間でまとまったお金が集まるようなメンバーのいる会社に勤めていることがうれしい。


今年もまた、職場メンバーで三重県まで、カキの食べ放題に行ってきた。
先の震災による津波で、ここのカキのいかだも流されたらしく、そのおかげと言っては不謹慎だけども、出荷用のヤツを食べ放題用に出してくれたらしく、昨年よりも確かに良いカキだった。
単調なカキばかりをいかに美味しく食べるか?、という去年の課題に対し、ちゃんと今年は対策をして行った。
まずは、箸休めの焼きそばの用意だ。麺と調味料のセットになったやつと、カット済のキャベツ等の野菜。
次に焼きガキの薬味だ。水ネギの小口切りをタッパーに入れて持参、するとともに、大根おろしは現地おろしで。
みんな、ウメー、ウメー、言ってくれていたので良かったが、
野郎ばかりの中、一応女性としての心遣いで、「よく気がつくね!
」などと思ってくれた人はいないに違いない。
まぁ、いいや。

単身赴任の協力会社さんのなかに、実家が被災地でご両親らと連絡が取れない人がいました。
そんな状況にもかかわらず出社していて、半ばあきらめている感じが。。。
旅費の足しにしてもらおうと、グループのメンバーにカンパを呼びかけたところ、皆、快く賛同してくれて、あっという間にまとまった金額が集まった。その人と面識がないような人も協力してくれた。
そして、そのお金とともに、今すぐ行けと送り出した。
実家が無理としても、家族とともにいたほうがいいと。

なんとか避難所に退避してくれているといいのだけれど。。